2005年06月28日

VLAN間ルーティング

異なるVLANに属するホスト同士はブロードキャストドメインが異なるため、相互に通信することが出来ない。通信するためには、ルータを接続して通信しなければならない。

しかし、VLANの数が増えれば増えるほど、ルータの数も増え、スイッチポートも消費してしまう。

この問題を解消する手段として、ルータのインターフェイスを複数の論理インターフェイスに分割する「サブインターフェイス」機能を使用する。

設定はさほど難しくなく、ルータのインターフェイスモードに入るとき、小数点を指定して入ればサブインターフェイスモードになり、VLAN情報やサブインターフェイスのアドレス設定を行う。


(config)# interface f0.1
(config-subif)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0

(config-subif)#encapsulation isl 10
上記の例は、FastEthernet0をサブインターフェイスとして、192.168.1.1/24のアドレスを割り当て、カプセル化のタイプ(isl)とVLANID(10)を割り当てている。
ただし、この設定をする前に、物理インターフェイスのIPアドレスを削除する必要があるので注意。

(config)# interface f0
(config-if)#
no ip address





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/networkstudy/50015684