2005年03月24日

EIGRP 設定及び確認その2

EIGRP【Enhanced Interior Gateway Routing Protocol】の設定及び確認その2。


by CCNAバーチャルラボ UltimateNetworkVisualizer4

ネイバーテーブル内の情報の一覧表示
show ip eigrp neighborsコマンド

routerB#show ip eigrp neighbors
IP-EIGRP neighbors for process 55←AS番号
H Address Interface Hold Uptime SRTT RTO Q Seq Type
(sec) (ms) cnt Num
0 192.168.20.1 F0/0 12 00:05:08 20 200 0 1
0 10.10.10.2 F0/1 12 00:05:08 20 200 0 1
routerB#


Hフィールド・・・ネイバーを確立した時間。
Addressフィールド・・・相手のIPアドレス
Interfaceフィールド・・・ローカルインターフェイスの情報(F0/0はFastEthernet 0/0)
Holdフィールド・・・ネイバールータからHelloパケットを待機する時間。この時間を過ぎるとネイバーを切断。
Uptimeフィールド・・・ネイバーを確立してからの経過時間

トポロジーテーブル内の情報の一覧表示
show ip eigrp topologyコマンド

routerB#show ip eigrp topology
IP-EIGRP Topology Table for AS(55)/ID(10.10.10.1)

Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
r - reply Status, s - sia Status

P 10.10.10.0/24, 1 successors, FD is 2172416
via Connected, FastEthernet0/1
P 192.168.20.0/24, 1 successors, FD is 2172416
via Connected, FastEthernet0/0
P 10.10.20.0/24, 1 successors, FD is 2172416
via 10.10.10.2 (2172416/28160), FastEthernet0/0
P 192.168.10.0/24, 1 successors, FD is 2172416
via 192.168.20.1 (2172416/28160), FastEthernet0/1
routerB#

1 successors・・・10.10.20.0へのサクセサ(最適経路)は1つ。
FD is 2172416・・・フィージブルディスタンス値は2172416
via 10.10.10.2 (2172416/28160), FastEthernet0/0・・・ネクストホップ(10.10.10.2)のFDは2172416、ADは28160。

  続きを読む

Posted by networkstudy at 23:20Comments(0)TrackBack(0)

EIGRPのテーブルの種類

EIGRP【Enhanced Interior Gateway Routing Protocol)が利用するテーブルは3つあります。

ネイバーテーブル
Helloパケットを交換してネイバー(直接接続された)関係を確立したEIGRPルータのリスト。

トポロジテーブル
EIGRPネイバーから受信したすべての経路情報。

ルーティングテーブル
EIGRPトポロジテーブルと最適経路のリスト。トポロジテーブルに格納されたすべての経路をDUALにて維持・管理。

  続きを読む
Posted by networkstudy at 23:03Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月23日

EIGRP 設定及び確認その1

EIGRP【Enhanced Interrior Gateway Routing Protocol】の設定について。


by CCNAバーチャルラボ UltimateNetworkVisualizer4

EIGRPの起動
(RouterBの場合)

routerB>enable ←ユーザーモードから特権モードへ
routerB#configure terminal特権モードからグローバルコンフィグレーションモードへ
routerB(config)#router eigrp 55ASを55にしてeigrpを起動
routerB(config-router)#network 192.168.20.0
routerB(config-router)#network 10.0.0.0
networkコマンドでEIGRPを利用するネットワークを指定

設定の確認
(RouterBの場合)

routerB#show ip protocols
Routing Protocol is "eigrp 55"←EIGRPがAS番号55で起動
Outgoing update filter list for all interfaces is not set
Incoming update filter list for all interfaces is not set
Default networks flagged in outgoing updates
Default networks accepted from incoming updates
EIGRP metric weight K1=1, K2=0, K3=1, K4=0, K5=0←各メトリックのウエイト(係数)
EIGRP maximum hop count 100
EIGRP maximum metric variance 1
Redistributing: eigrp 55
Automatic network summarization is in effect
Maximum path: 4
Routing for networks:←networkコマンドで設定したEIGRPを利用するネットワークアドレス(クラスフル)
10.0.0.0
192.168.20.0
Routing information sources:
Gateway Distance Last Update
10.10.10.2 90 00:57:19←ネイバーから最後にアップデートを受信してからの経過時間
192.168.20.1 90 00:57:19
Distance: internal 90 external 170

routerB#

routerB#show ip route
Codes: C - connected, S - static, I - IGRP, R - RIP, M - mobile, B - BGP
D - EIGRP, EX - EIGRP external, O- OSPF, IA - OSPF inter area
N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
i - IS-IS, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2, * - candidate default
U - per-user static route, o - ODR, P - periodic downloaded static route
T - traffic engineered route

Gateway of last resort is not set

10.0.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
C 10.10.10.0 is directly connected, FastEthernet0/1
D 10.10.20.0 [90/2172416] via 10.10.10.2, 01:04:04, FastEthernet0/1
[90/2172416] 90はアドミニストレィテイブディスタンス値。
2172416はメトリック値(routerBから10.10.10.2への値)。

D 192.168.10.0 [90/2172416] via 192.168.20.1, 01:04:04, FastEthernet0/0
C 192.168.20.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0

routerB#
  続きを読む
Posted by networkstudy at 23:18Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月16日

DUAL

DUAL 【Diffusing Update Algorithm】

ループのないポトロジを作成し、高速なコンバージェンスを実現する仕組み。

DUALでは、AD(アドバタイズドディスタンス)、FD(フィージブルディスタンス)、サクセサ、フィージブルサクセサと呼ばれる用語が出てくる。

AD【アドバタイズドディスタンス】
ネイバールータとあて先ネットワーク間のコスト。(下図の黄緑線と水色点線がADになる)
FD【フィージブルディスタンス】
ローカルルータとあて先ネットワーク間のコスト。(下図の緑線と青点線がFDになる)
サクセサ
パケットを転送するときの最適経路。ルーティングテーブルに格納される。
サクセサは、FDの値が一番小さい経路が選ばれ、ルーティングテーブルに格納される。
フィージブルサクセサ
サクセサがダウンしたときに使用される代替経路。
フィージブルサクセサは、サクセサのFD値よりも小さいADを持つ経路が選択される。

  続きを読む
Posted by networkstudy at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月09日

EIGRP

EIGRP【Enhanced Interior Gateway Routing Protocol】

Cisco独自のIGRPの拡張版IGRP。IGRPがディスタンスベクタープロトコルだったのに対し、EIGRPはディスタンスベクターとリンスステートの両方の利点をあわせたハイブリッドプロトコル。

特徴
高速コンバージェンス
DUALを使用して、最適経路と代替経路を選択し、最適経路をトポロジテーブルに格納。最適経路に障害が発生すると代替経路にすばやく切り替える。
帯域幅利用率の減少
IGRPのように定期的にルーティングアップデートをブロードキャストで送信するのではなく、トポロジに変化がない(安定している)時は、Helloパケットのみを送信。トポロジに変化があると、部分的なアップデートをマルチキャストにて送信。
複数のネットワーク層プロトコルのサポート
IP、IPX、AppleTalk(いわゆるルーテッドプロトコル)をサポート。これらを使った混在環境か可能。
精度の高い経路選択
MTU、負荷、信頼性、遅延、帯域幅を使った複合メトリックで不等コストによる負荷分散が可能。
VLSMをサポート
EIGRPは、ルーティングアップデート送信時にサブネットマスクを含めるクラスレスルーティングプロトコルなので、VLSMをサポートしている。よって、無駄の無い柔軟なアドレス設計をすることが可能。
  続きを読む
Posted by networkstudy at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月06日

debug ip igrp events

debug ip igrp eventsコマンドは、igrpのルーティングアップデートの要約がコンソールに出力されるコマンド。

特権モードにて

RouterA#debug ip igrp events
IGRP event debugging is on


***注意事項***
debugコマンドは、ルータに大きな負荷がかかるため、実務環境では慎重に行うこと。

  続きを読む
Posted by networkstudy at 01:54Comments(0)TrackBack(0)

debug ip igrp transactions

debug ip igrp transactionsコマンドは、igrpのルーティングアップデートの送受信結果をコンソールへ出力して、状態を検証するコマンド。

特権モードにて、

RouterA#debug ip igrp transactions
IGRP protocol debugging is on


***注意事項***
debugコマンドは、ルータに大きな負荷がかかるため、実務環境では慎重に行うこと。

  続きを読む
Posted by networkstudy at 01:27Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月05日

debug ip rip

denug ip ripコマンドは、ripのルーティングアップデートの送受信結果をコンソールへ出力して、状態を検証するコマンド。

特権モードにて、

RouterA#debug ip rip

を実行

***注意事項***
debugコマンドは、ルータに大きな負荷がかかるため、実務環境では慎重に行うこと。

  続きを読む
Posted by networkstudy at 13:38Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月26日

AS

AS【Autonomous System】自律システム

共通の経路情報を持ち、一つの管理実体のもとに存在するネットワークの集まり。一番身近なところで、プロバイダや企業ネットワークなど。   続きを読む
Posted by networkstudy at 06:45Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月15日

descriptionコマンド

description

goo辞書(英和)で調べてみると、記述、特徴、説明書、種類等の意味がある。すなわち、このコマンドは、インターフェイスの説明を記述するコマンドである。

【例】
Lab_AというルータのFE0/0にコメントを設定

Lab_A(config)#interface fastethernet 0/0
Lab_A(config-if)#description Lab_A LAN Connection
Lab_A(config-if)#exit
Lab_A#show interface fastethernet 0/0

FastEthernet0/0 is up, line protocol is up
Hardware is AmdFE, address is 00b0.aec0.cad8 (bia 00b0.aec0.cad8)
Description: Lab_A LAN Connection
Internet address is 192.16.10.1/24
MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100 usec,
reliablility 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Full -duplex, 100Mb/s, 100BaseTX/FX
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input 00:00:50, output 00:00:04, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Queueing strategy: fifo
Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 1000 bits/sec, 0 packets/sec
588 packets input, 74628 bytes
Received 588 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 watchdog, 0 multicast
0 input packets with dribble condition detected
231 packets output, 53712 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 1 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
0 lost carrier, 0 no carrier
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

Lab_A#

by CCNAバーチャルラボ UltimateNetworkVisualizer4

  続きを読む
Posted by networkstudy at 23:13Comments(0)TrackBack(0)